三河 岡崎城みかわ おかざきじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (三河国/愛知県) > 岡崎城
Tweet
三河 岡崎城の写真
掲載写真数
形態
平山城
別 名
龍城
文化財指定
市指定史跡
遺 構
石垣,郭,堀,井戸
城 主
西郷氏,松平氏(徳川),田中吉政,本多氏,水野氏,松平氏,本多氏
歴 史

築城年代は定かではないが、康正年間(1452年〜1457年)西郷稠頼によって築かれたのが始まりとされる。

西郷氏は三河守護仁木氏の守護代であったが、文明年間(1469年〜1487年)に松平信光の攻撃を受けて降伏し、信光の子光重を養子に迎えて隠棲した。西郷氏の家督を継いだ光重は岡崎松平の初代となり、三代信貞のときに松平清康との争いに敗れ大草へと退いた。

岡崎城へ居城を移した松平清康のときに本格的な城へと改修された。 清康は天文4年(1535年)尾張守山に出陣中に家臣阿部弥七郎によって殺され、家督は広忠が継いだが、天文18年に広忠が没した後は、今川氏の武将が城代として岡崎城に入り、松平元康は駿府で過ごした。

永禄3年(1560年)今川義元が桶狭間の合戦で敗死すると家康は岡崎城に戻り、織田信長と同盟後三河を平定する。 三河平定後、元亀元年(1570年)家康は遠江浜松城に移り嫡子信康が城主となった。 天正7年(1579年)信康が遠江二俣城にて自刃すると石川数正,本多重次らを城番として置いた。

天正18年(1590年)徳川家康は関東へ移封となると、田中吉政が近江国八幡から五万七千四百石で岡崎城主となった。この時代の田中吉政は豊臣秀次の付家老であった。その後、文禄慶長の役などによって加増され最終的には十万石の大名となる。

和暦(西暦) 事象
慶長6(1601年) 田中吉政は関ヶ原合戦の功によって筑後一石三十二万石で筑後国柳河へ転封。 上野国白井より本多康成が五万一千五百石で入封。
寛永11年(1634年) 本多忠利は将軍徳川家光が上洛したさいに饗応、この饗応を喜んだ家光が五千石を加増し、五万六千五百石となる。
正保2年(1645年) 本多利長のとき遠江国横須賀へ転封。 三河国吉田より水野忠善が五万石で入封。
享保10年(1725年) 水野忠之は享保の改革の活躍により一万石を加増され六万石となる。
宝暦12年(1762年) 水野忠任のとき肥前国唐津へ転封。 下総国古河より松平康福が五万四百石で入封。
明和6年(1769年) 松平康福は石見国浜田へ転封。 石見国浜田より本多忠粛が五万石で入封、以後代々続いて明治に至る。

説 明

岡崎城は乙川北岸の比高10m程の微高地に築かれた平山城で、現在は岡崎公園となっている。

本丸には三重三階の天守が建っていたが、明治に入って取り壊され、現在あるのは昭和34年に鉄筋コンクリートで再建されたものである。

本丸から北に持仏堂曲輪、二の丸、北曲輪、北東には隠居曲輪、東曲輪、三の丸、浄瑠璃曲輪、備前曲輪、東には菅生曲輪、北西には白山曲輪、稗田曲輪などがあった。

東隅櫓の写真

東隅櫓(復元 櫓)


所在地: 城内東曲輪

天守の写真

天守(復興 天守)


所在地: 城内本丸

大手門の写真

大手門(模擬 櫓門)


所在地: 城内二の丸

案 内

国道1号線沿いに有料駐車場がある。駐車場はかつての東曲輪にあたる。

最寄り駅(直線距離)
0.5km 岡崎公園前駅
0.6km 中岡崎駅
0.9km 東岡崎駅
1.8km 北岡崎駅
1.8km 矢作橋駅
所在地/地図
愛知県岡崎市康生町(岡崎公園)
付近の城(直線距離)
3.9km 三河 西大平陣屋
4.0km 三河 柿碕村古屋敷
4.1km 三河 生田城
4.5km 三河 高木城
4.7km 三河 岡城
4.7km 三河 山崎城
4.8km 三河 宗定城
5.0km 三河 保科正直屋敷
5.2km 三河 上条城
5.6km 三河 岩津城
5.6km 三河 安祥城
5.8km 三河 岩津新城
5.9km 三河 宮地古屋敷
6.0km 三河 安城陣屋
6.0km 三河 国江城
6.1km 三河 上野下村城
6.1km 三河 古井城
6.2km 三河 高正館
6.2km 三河 内藤屋敷
6.2km 三河 安城古城
6.4km 三河 上野上村城
6.5km 三河 姫ヶ城
6.5km 三河 坂崎古城
6.7km 三河 坂崎城
最終訪問日
2016年7月
TOP > > (三河国/愛知県) > 岡崎城