常陸 笠間城ひたち かさまじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (常陸国/茨城県) > 笠間城
Tweet
常陸 笠間城の写真
掲載写真数
形態
山城(205m/-)
別 名
桂城
文化財指定
市指定史跡
遺 構
石垣,土塁,郭,堀
城 主
笠間氏,宇都宮氏,蒲生氏,(松井)松平氏,小笠原吉次,(戸田)松平氏,永井氏,浅野氏,井上氏,(本庄)松平氏,井上氏,牧野氏
歴 史

元久2年(1202年)笠間時朝によって築かれたと云われる。 笠間氏は常陸国茨城郡笠間発祥で、下野国宇都宮氏の支流塩谷朝業の次男時朝が笠間に住み、笠間氏を名乗ったことに始まる。

天正18年(1590年)豊臣秀吉による小田原征伐で、笠間綱家は宗家の意に反して小田原北条氏に味方した為、秀吉は宇都宮国綱に命じて笠間氏を滅ぼした。 その後、宇都宮氏の支配下に置かれたが慶長2年(1597年)宇都宮氏が改易となった後は、下野国宇都宮に入封した蒲生氏郷の家老蒲生氏成が三万石で笠間に入封した。

・慶長6年(1601年)武蔵国私市より(松井)松平康重が三万石で入封、慶長13年(1608年)丹波国篠山へ転封。
・慶長13年(1608年)下総国佐倉より小笠原吉次が三万石で入封、慶長14年(1609年)改易。
・慶長17年(1612年)下総国古河より(戸田)松平康長が三万石で入封、元和2年(1616年)上野国高崎へ転封。
・元和3年(1617年)上野国小幡より永井直勝が三万二千石で入封、元和8年(1622年)下総国古河に転封。
・元和8年(1622年)常陸国真壁より浅野長重が五万三千石で入封、正保2年(1645年)長直の時、播磨国赤穂に転封。
・正保2年(1645年)遠江国横須賀より井上正利が五万石で入封、元禄5年(1692年)正任の時、美濃国八幡に転封。
・元禄5年(1692年)下野国足利より(本庄)松平宗資が四万石で入封、元禄15年(1702年)資俊の時、遠江国浜松へ転封。
・元禄15年(1702年)常陸国下館より井上正岑が五万石で入封、延享4年(1747年)正経の時、陸奥国磐城平へ転封。
・延享4年(1747年)日向国延岡より牧野貞通が八万石で入封、以後明治に至る。

八幡櫓の写真

八幡櫓(移築 櫓)


所在地: 真浄寺 七面堂(茨城県笠間市笠間)

城門の写真

城門(移築 城門)


所在地: 民家(茨城県笠間市笠間)

城門の写真

城門(移築 城門)


所在地: 民家(茨城県笠間市笠間)

案 内
最寄り駅(直線距離)
2.1km 笠間駅
4.6km 宍戸駅
4.9km 稲田駅
5.0km 友部駅
7.8km 内原駅
所在地/地図
茨城県笠間市笠間
付近の城(直線距離)
3.6km 常陸 飯田城
4.9km 常陸 宍戸城
5.5km 常陸 小原城
7.5km 常陸 館岸城
7.8km 常陸 荻原長者屋敷
7.9km 常陸 有賀北館
9.2km 常陸 棟峰城
9.4km 常陸 羽黒山城
9.5km 常陸 難台山城(山頂部)
9.7km 常陸 難台山城(観音平)
9.7km 常陸 池亀城
10.0km 常陸 湯崎住吉城
最終訪問日
2008年5月
TOP > > (常陸国/茨城県) > 笠間城