播磨 赤穂城はりま あこうじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (播磨国/兵庫県) > 赤穂城
Tweet
播磨 赤穂城の写真
掲載写真数
形態
平城
別 名
加里屋城
文化財指定
国指定史跡
遺 構
門,石垣,土塁,郭,堀
城 主
池田政綱,池田輝興,浅野長直,浅野長友,浅野長矩,永井直敬,森長直,森長孝,森長生,森政房,森忠洪,森忠興,森忠賛,森忠哲,森忠敬,森忠徳,森忠典,森忠儀
歴 史

築城年代は定かではないが岡光広によって築かれた加里屋城がその始まりとされる。

慶長5年(1600年)関ヶ原合戦の後、池田輝政が姫路に入部するとその支城として池田長政が赤穂城主となった。

慶長20年(1615年)備前岡山藩主池田忠継が没すると、弟の池田政綱が三万五千石を分与され赤穂藩主となった。寛永8年(1631年)政綱が嗣子なく没し一旦改易となるも、弟輝興が家督を継ぐことを許された。しかしこの輝興も正保2年(1645年)に改易となった。

和暦(西暦) 事象
慶長20年(1615年) 池田政綱が三万五千石で入封。
寛永8年(1631年) 池田政綱は嗣子なく没して改易。
播磨国佐用より池田輝興が三万五千石で入封。
正保2年(1645年) 池田輝興が突然の乱心により改易。
常陸国笠間より浅野長直が五万三千五百石で入封。
寛文11年(1671年) 浅野長友のとき、三千五百石を義理兄浅野長賢に分知、新田三千石を浅野長恒に分知して五万石となる。
元禄14年(1701年) 浅野長矩のとき改易。
元禄15年(1702年) 下野国烏山より永井直敬が三万三千石で入封。
宝永3年(1706年) 永井直敬は信濃国飯山に転封。
備中国西江原(西荏原)より森長直が二万五で入封。以降森氏が続き明治に至る。

説 明

赤穂城は千種川河口に築かれた平城で現在は国指定史跡となり公園整備されている。本丸、二の丸はほぼ整備され、三の丸も比較的保存状態が良く一周することも可能である。

赤穂城は本丸を二の丸が取り囲み、二の丸は仕切り門によって二つに分割されていた。二の丸の南はそのまま海に面し、北の陸に面した所に三の丸があった。

本丸、二の丸一帯は公園となり石垣や水堀が巡りその縄張りを堪能することができる。三の丸も北の大手門と大手隅櫓が復元、曲輪内には大石神社などもある。北西には塩屋門跡があり、そこから南へ石垣が続き、南西に三の丸西南櫓台や干潟門跡なども残されている。

西惣門の写真

西惣門(移築 城門)


所在地: 花岳寺(兵庫県赤穂市加里屋)

案 内

市立歴史資料館の隣に東駐車場、塩屋門跡の隣に西駐車場がありいずれも無料となっている。

最寄り駅(直線距離)
1.3km 播州赤穂駅
3.4km 天和駅
3.7km 坂越駅
5.2km 備前福河駅
8.3km 寒河駅
所在地/地図
兵庫県赤穂市上仮屋(赤穂城跡公園)
付近の城(直線距離)
0.6km 播磨 加里屋古城
1.9km 播磨 赤穂藩 唐船山台場
2.7km 播磨 赤穂藩 御崎台場
4.0km 播磨 赤穂藩 丸山台場
4.6km 播磨 坂越茶臼山城
4.6km 播磨 坂越浦城
5.6km 播磨 尼子山城
7.8km 播磨 鍋子城
8.6km 播磨 鴾ヶ堂城
9.9km 播磨 大島山城
最終訪問日
2015年8月
TOP > > (播磨国/兵庫県) > 赤穂城