摂津 高槻城せっつ たかつきじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (摂津国/大阪府) > 高槻城
Tweet
摂津 高槻城の写真
掲載写真数
形態
平城
別 名
久米路山龍ヶ城,入江城
文化財指定
府指定史跡
遺 構
城 主
近藤氏,和田氏,高山氏,新庄直頼,内藤信正,土岐定義,土岐頼行,(形原)松平家信,岡部宣勝,(形原)松平康信,永井直清,永井直時,永井直種,永井直達,永井直英,永井直期,永井直行,永井直珍,永井直進,永井直与,永井直輝,永井直矢,永井直諒
歴 史

築城年代は定かではない。近藤忠範が久米路山と呼ばれる小丘に館を築いたのが始まりとも云われる。 記録に登場するのは十四世紀前半で、駿河より入部した入江左近将監春則が近藤氏を継いで居城としたことという。

大永7年(1527年)細川家の内紛による争いで、山崎城から敗走した薬師寺国盛が高槻入江城に入城した。永禄12年(1569年)には芥川山城主であった和田惟政に与えられ、惟政は高槻城へ居城を移し、芥川山城には家臣の高山飛騨守友照を置いた。しかし、元亀2年(1571年)和田惟政は三好三人衆と結んだ池田知正を討つべく出陣し、白井河原で合戦が行われたが、池田家臣の荒木村重によって討たれた。家督を継いだ和田惟長はその後、家臣の高山飛騨守・右近に追放され、元亀4年(1573年)高山氏の居城となった。

和暦(西暦) 事象
天正13年(1585年) 高山右近は播磨国船上に転封。
文禄4年(1595年) 大和国より新庄直頼が入封。
慶長20年(1615年) 近江国長浜より内藤信正が四万石で入封。
元和3年(1617年) 内藤信正は伏見城代になる。
下総国守谷より土岐定義が二万石で入封。
元和5年(1619年) 土岐頼行は下総国守谷に転封。
三河国形原より(形原)松平家信が二万石で入封。
寛永12年(1635年) (形原)松平家信が下総国佐倉に転封。
寛永13年(1636年) 播磨国龍野より岡部宣勝が五万石で入封。
寛永17年(1640年) 岡部宣勝は和泉国岸和田に転封。
下総国佐倉より(形原)松平康信が三万六千石で入封。
慶安2年(1649年) 松平康信は丹波国篠山に転封。
山城国長岡より永井直清が三万六千石で入封。以後、永井氏が続き明治に至る。

説 明

高槻城は現在の高槻城跡公園付近一帯に築かれていた。 本丸は槻の木高校、二ノ丸がその北の公園、三ノ丸はそれを取り囲むように拡がっていた。

現在は市街地と化して明確な遺構を見ることが難しくなっている。城址公園には高山右近の銅像や天守台のようなものがあり、案内板や石碑が設置されている。また、付近には「高槻城厩廓 桝形門の石垣石」や「高山右近高槻天主教会堂跡」、「高槻城東大手門跡」などが案内板とともに展示されている。

第一中学校の北方にある「市立しろあと歴史館」には高槻城に関する資料が展示され無料で公開されている。

門の写真

門(移築 城門)


所在地: 本行寺(大阪府高槻市大手町)

案 内
最寄り駅(直線距離)
0.8km 高槻市駅
1.1km 高槻駅
2.7km 摂津富田駅
2.9km 富田駅
3.2km 御殿山駅
所在地/地図
大阪府高槻市城内町(城址公園)
付近の城(直線距離)
1.7km 摂津 芥川城
2.0km 摂津 松永屋敷
2.7km 摂津 今城
2.8km 摂津 唐崎台場
2.8km 摂津 大塚台場
3.0km 摂津 普門寺城
3.0km 摂津 富田寺内
3.5km 河内 渚陣屋
4.0km 河内 枚方寺内町
4.3km 摂津 梶原台場
4.4km 摂津 太田城
4.9km 摂津 帯仕山付城
5.3km 摂津 芥川山城
5.3km 摂津 安威城
5.3km 摂津 茨木城
5.3km 河内 永井大之丞陣屋
5.5km 摂津 安威砦
5.6km 摂津 高浜台場
6.0km 摂津 水尾城
6.5km 摂津 郡山城
6.6km 河内 楠葉台場
6.6km 摂津 福井城
6.9km 摂津 穂積城
7.0km 摂津 沢良宜城
最終訪問日
2010年11月
TOP > > (摂津国/大阪府) > 高槻城