河内 渚陣屋かわち なぎさじんや

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (河内国/大阪府) > 渚陣屋
Tweet
河内 渚陣屋の写真
掲載写真数
形態
陣屋(31m/20m)
別 名
御殿山陣屋,永井伊賀守陣屋
文化財指定
なし/不明
遺 構
なし
城 主
永井氏
歴 史

万治元年(1658年)永井伊賀守尚庸によって築かれた。 尚庸は山城国淀藩主永井尚政の三男で、明暦4年(1658年)兄の永井尚政が家督を継いだとき、三男尚庸に二万石が分与され諸候に列した。

尚庸は奏者番、若年寄などを務め、寛文10年(1670年)には三万石に加増された。

延宝5年(1677年)二代永井直敬が家督を継ぐと度重なる転封となる。貞享4年(1687年)下野国烏山へ三万石で転封、元禄15年(1702年)には三千石を加増され播磨国赤穂へ三万三千石で転封、宝永3年(1706年)信濃国飯山へ転封、宝永8年(1711年)武蔵国岩槻へ転封となる。

宝暦6年(1756年)永井直陳のとき美濃国加納に転封となり、以後明治まで続いた。

渚陣屋は江戸時代初期の万治元年(1658年)に築かれ、貞享年間(1684年〜1688年)永井尚敬のときに佐太陣屋へ移されるまでのわずかな期間に利用された。

説 明

永井伊賀守陣屋は御殿山と呼ばれる比高20m程の丘陵に築かれていた。 現在山上には御殿山神社が鎮座しており、その参道にある御殿山神社の案内板によれば、御殿山美術センター建設に先立つ発掘調査で、中世の大溝や江戸時代の建物跡など陣屋に関わる遺構も見つかったようである。

案 内
最寄り駅(直線距離)
0.3km 御殿山駅
1.7km 牧野駅
1.7km 枚方市駅
1.8km 宮之阪駅
2.5km 星ヶ丘駅
所在地/地図
大阪府枚方市御殿山町(御殿山神社)
付近の城(直線距離)
2.4km 河内 枚方寺内町
2.4km 摂津 大塚台場
3.3km 河内 永井大之丞陣屋
3.5km 摂津 高槻城
3.5km 摂津 唐崎台場
4.3km 摂津 梶原台場
4.6km 河内 長尾陣屋
4.9km 河内 交野城
5.0km 摂津 高浜台場
5.1km 摂津 芥川城
5.1km 河内 本丸山城
5.2km 河内 交野代官所
5.3km 摂津 松永屋敷
5.6km 河内 楠葉台場
5.7km 摂津 富田寺内
5.9km 摂津 普門寺城
6.2km 摂津 今城
6.5km 河内 津田城
7.6km 摂津 太田城
7.9km 摂津 茨木城
8.0km 摂津 帯仕山付城
8.0km 摂津 水尾城
8.1km 河内 葛原代官所
8.2km 山城 山崎城
最終訪問日
2012年9月
TOP > > (河内国/大阪府) > 渚陣屋