陸奥 桑折西山城むつ こおりにしやまじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (陸奥国/福島県) > 桑折西山城
Tweet
陸奥 桑折西山城の写真
掲載写真数
形態
山城(215m/100m)
別 名
赤館
文化財指定
国指定史跡
遺 構
石垣,土塁,郭,堀
城 主
伊達氏
歴 史

築城年代は定かではないが鎌倉時代に伊達朝宗によって築かれたと云われる。 伊達朝宗は藤原氏山蔭流の後裔で仙台藩伊達家の祖である。常陸国新治郡伊佐荘を治めていた豪族で、源頼朝に従って奥州合戦に参加し、その恩賞として陸奥国伊達郡を賜り、常陸国は嫡男為宗が相続し、朝宗と二男宗村が奥州に下向、赤館を築いたという。

応永7年(1400年)伊達大膳大夫政宗は関東公方足利満兼に背き、関東管領上杉氏憲らの攻撃を受けて赤館に籠もり、これを撃退しているが、応永9年(1402年)に降伏している。

天文元年(1532年)伊達稙宗が赤館を改修して西山城を築き、梁川城から居城を移した。 天文11年(1542年)から天文17年(1548年)まで続いた伊達稙宗・晴宗父子による天文の乱では、晴宗は稙宗が鷹狩からの帰路を襲撃し、この桑折西山城へ幽閉している。間もなく小梁川宗朝によって稙宗は救出され石母田城へ逃れるが、天文の乱とよばれる奥州を巻き込んだ伊達家の内訌へと発展していく。

天文17年(1548年)室町将軍足利義輝による仲裁で和睦が成立し、稙宗は家督を晴宗に譲り隠居地として丸山城を築いた。晴宗は米沢へ移り西山城は廃城となった。

延宝7年(1679年)本多忠国が大和郡山から福島藩十五万石に封じられ、西館に築城する予定であったが、天和2年(1682年)播磨国姫路に転封となり実現しなかったと云われる。

説 明

桑折西山城は奥羽山脈から東へ伸びた丘陵の先端頂部に築かれており、北から東、南へと産ヶ沢川が流れている。

桑折西山城は標高193.1mの高館山山頂にある高館山城本丸、西に二ノ丸、南に砲台場。そして、その西の標高215mの所に西館・中館があり併せて西山城となる。

高館城本丸・二ノ丸は土橋の架かる空堀があり、本丸の東下に東虎口、南の砲台場の所に大手門跡がある。二ノ丸の西端には石積された土塁があるが、全体的に広大な削平のみの曲輪となっている。南にある砲台場跡は戊辰戦争のときに仙台藩が砲台を据えた所で、土塁に等間隔で砲台を据える為の凹みが残っている。

高館城本丸より高い標高215mの所にあるのが西館・中館で、土塁(石塁)囲みの曲輪が空堀を挟んで東西にあり、北側はさらに横堀が巡っている。中館の南側には「ル」の文字のような形のi時の土塁とl字の土塁が付いているが、用途は不明。西館は西側一帯は石塁になっており、西側に虎口のような石塁囲みの空間が残る。

城門の写真

城門(移築 城門)


所在地: 桑折寺(福島県伊達郡桑折町字新町32)
米沢城に居城を移す際に払い下げられ移築されたものと云う
案 内

城山は桑折駅の西側の山で入口は北側の「うぶかの郷」か南側の観音寺の先にある。南の観音寺の先から未舗装の道が通じており、それを進むと大手門跡に至る。近年公園整備が進んで城内に駐車しやすくなっているが、そこへ至るための道は狭く、観光客が多くなっているため注意が必要である。

また伊達氏の祖である伊達朝宗の墓が福島県伊達郡桑折町万正寺下万正寺(地図)の下万正寺集会所近くにあり、つつじヶ岡遺跡に車を駐めることができる。

最寄り駅(直線距離)
0.8km 桑折駅
3.7km 伊達駅
3.8km 藤田駅
5.4km 向瀬上駅
5.4km 高子駅
所在地/地図
福島県伊達郡桑折町大字万正寺字本丸
GPSトラックデータダウンロード :[KML形式 ][GPX形式 ]
付近の城(直線距離)
1.2km 陸奥 古矢館
1.6km 陸奥 桑折陣屋
1.7km 陸奥 神十郎館
1.7km 陸奥 左衛門館
1.8km 陸奥 文吾館
1.9km 陸奥 播磨館
2.6km 陸奥 下郡山館
3.0km 陸奥 下西館
3.2km 陸奥 伊達崎城
3.5km 陸奥 塚野目城
3.9km 陸奥 山崎城
4.0km 陸奥 長倉館
4.1km 陸奥 藤田城
5.6km 陸奥 保原陣屋
5.7km 陸奥 石母田城
5.8km 陸奥 保原城
6.2km 陸奥 阿津賀志山防塁
6.8km 陸奥 大鳥城
6.9km 陸奥 仁井田館(保原町)
7.5km 陸奥 金谷館
7.5km 陸奥 鎌田館
7.9km 陸奥 住吉館
8.1km 陸奥 本内館
8.1km 陸奥 岡本館
最終訪問日
2019年5月
TOP > > (陸奥国/福島県) > 桑折西山城