摂津 尼崎城せっつ あまがさきじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (摂津国/兵庫県) > 尼崎城
Tweet
摂津 尼崎城の写真
掲載写真数
形態
平城
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
石垣,堀
城 主
戸田氏鉄,青山氏,(桜井)松平氏
歴 史

元和3年(1617年)戸田氏鉄によって築かれた。 古来より近畿と西国を結ぶ要所である尼崎には、戦国時代には細川氏によって城郭が築かれていたという。

豊臣時代からの尼崎郡代である建部氏は、元和元年(1615年)大坂夏の陣の戦功により一万石の加増をうけ尼崎藩を立藩するが、元和3年(1617年)播磨国林田へ転封となった。

代わって近江国膳所より五万石で入部した戸田氏鉄は、幕命により尼崎城を築き、以後譜代大名が続いて明治に至る。

和暦(西暦) 事象
元和元年(1615年) 建部政長が大坂の役の功により一万石に加増、諸侯に列した。
元和3年(1617年) 建部政長は播磨国林田に転封。
近江国膳所より戸田氏鉄が五万石で入封。
寛永12年(1635年) 戸田氏鉄は十万石で美濃国大垣へ転封。
遠江国掛川より青山幸成が五万石で入封。
宝永8年(1711年) 青山幸秀は信濃国飯山に転封。
遠江国掛川より(桜井)松平忠喬が入封して明治まで続く。

説 明

市立中央図書館の北側に尼崎城址公園があり、石垣と土塀が復元されているのが唯一城跡らしさを残している。 図書館の南側にある桜井神社には天守の棟瓦二枚が現存している。

現在の明城小学校付近が本丸跡で、小学校の南側の通りに石碑があり、内部に案内板と本丸跡をミニ再現した模型が置かれている。

案 内
最寄り駅(直線距離)
0.2km 尼崎駅
0.6km 大物駅
1.3km 出屋敷駅
1.8km 杭瀬駅
2.0km 出来島駅
所在地/地図
兵庫県尼崎市北城内
付近の城(直線距離)
0.6km 摂津 大覚寺城
2.3km 摂津 大高洲新田台場
2.4km 摂津 七松城
3.4km 摂津 水堂陣屋
4.2km 摂津 塚口城
4.8km 摂津 富松城
4.8km 摂津 椋橋城
5.7km 摂津 瓦林城
6.3km 摂津 野田城
6.3km 摂津 有岡城 鵯塚砦
6.7km 摂津 天保山台場
6.7km 摂津 今津砲台
6.9km 摂津 有岡城 上臈塚砦
7.1km 摂津 有岡城
7.4km 摂津 原田城
7.6km 摂津 有岡城 岸の砦
7.6km 摂津 今西家土居屋敷
7.9km 摂津 西宮砲台
8.2km 摂津 越水城
8.8km 摂津 柴島城
9.0km 摂津 麻田陣屋
最終訪問日
2008年8月
TOP > > (摂津国/兵庫県) > 尼崎城