周防 徳山陣屋すおう とくやまじんや

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (周防国/山口県) > 徳山陣屋
Tweet
周防 徳山陣屋の写真
掲載写真数
形態
陣屋
別 名
徳山城
文化財指定
なし/不明
遺 構
なし
城 主
毛利就隆,毛利元賢,毛利元次,毛利元尭,毛利広豊,毛利広寛,毛利就馴,毛利広鎮,毛利元蕃
歴 史

慶安元年(1687年)毛利就隆によって築かれた。 就隆は毛利輝元の二男で元和3年(1617年)周防国都農郡を中心に三万石を分地されたことに始まる。

就隆は寛永2年(1625年)に下松に陣屋を構え、寛永11年(1634年)四万五千石の大名として正式に諸侯に列した。慶安元年(1648年)に野上村に居館を移し、慶安3年(1650年)に地名を徳山と改め徳山藩となった。

正徳5年(1715年)三代元次のとき、宗家である萩藩との境界にある松の木を巡って騒動となり、幕府から「本家に対する非礼」を理由に元次は改易、出羽国新庄藩へお預けとなって徳山藩領は萩藩に還付された。

享保4年(1719)領民の藩再興運動もあり、元次が家督を次男の元堯に譲って新たに三万石が与えられ徳山藩が再興となった。天保7年(1836年)就馴のとき幕府より城主格を賜り、石高も四万石に改められた。これによって「御館」と呼ばれていた居館は「御城」や「御殿」と呼ばれるようになった。

説 明

徳山陣屋は現在の周南市文化会館、徳山動物園一帯に築かれていた。 遺構はないが、周南市民文化会館の入口にある庭園の所に案内板が設置されており、近くには大坂城築城残石が置かれている。

徳山動物園との間にある祐綏神社は徳山藩毛利家の霊社で、下松から徳山に移ってから二百五十年を記念した紀年碑が建っている。

南の国道を挟んで周南市美術博物館があり、この脇に「徳山藩作事方跡」の碑がある。桜馬場通りに面した徳山小学校は徳山藩の藩校である鳴鳳館跡で石碑と案内板がある。大成寺は徳山藩毛利家の菩提寺で近くには徳山藩毛利家墓所がある。

案 内
最寄り駅(直線距離)
1.4km 徳山駅
3.6km 櫛ケ浜駅
4.1km 新南陽駅
5.7km 周防花岡駅
7.0km 福川駅
所在地/地図
山口県周南市徳山(周南市文化会館)
付近の城(直線距離)
0.1km 周防 杉家屋敷
1.6km 周防 一の井手城
2.9km 周防 遠尾山城
4.2km 周防 別所城
4.3km 周防 上野の城山
4.3km 周防 陶氏館(周南市)
4.3km 周防 七尾山城
4.5km 周防 勝栄寺
6.2km 周防 都濃宰判勘場
6.5km 周防 末武城
6.5km 周防 日の熊山城
8.4km 周防 若山城
8.4km 周防 真光院山城
8.4km 周防 若山城南砦
8.5km 周防 須々万沼城
8.8km 周防 殿ヶ浴山城
9.1km 周防 熊毛山城
9.2km 周防 遠得山城
最終訪問日
2014年4月
TOP > > (周防国/山口県) > 徳山陣屋