阿波 鳥坂城あわ とっさかじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (阿波国/徳島県) > 鳥坂城
Tweet
阿波 鳥坂城の写真
掲載写真数
形態
山城(74m/55m)
別 名
茶臼山城
文化財指定
なし/不明
遺 構
土塁,曲輪,堀切,畝状竪堀群
城 主
佐々木氏?
縄張図
鳥坂城縄張図
歴 史

築城年代は定かではない。伝承としては文治2年(1186年)佐々木経高によって築かれたのが始まりとされる。

阿波国・淡路国・土佐国の守護となった経高が阿波国の拠点として築いたが、 承久の乱の後は佐々木氏に代わって小笠原長清が阿波国守護となり、長清は佐々木氏の籠る鳥坂城を攻め佐々木氏を排除した。

しかし、現状の遺構は戦国期のものであり、三好氏と長宗我部氏との争いのなかで利用された山城と考えられている。

説 明

鳥坂城は気延山から北へ派生した標高75mの茶臼山に築かれており、現在は登山道が整備されている。

主郭は山頂の小さな曲輪で、北側の曲輪IIに続く部分に土塁で虎口を作り出しており、形状は不明瞭であるが外枡形状である。一方南側も曲輪IIIに続くスロープを作り出しており、こちらも虎口として利用された可能性がある。主郭の東下には採石場と思われるところがあるが、石を使っているのは東の畑跡部分と考えられる。

曲輪IIIは背後の尾根を遮断する堀切に面して土塁を備える一方、主郭を取り囲む帯曲輪群に通じる起点ともなっている。

主郭から北の山腹にかけて多段になった帯郭群が設けられている。基本的に土塁はなく高い切岸によって区画されている。帯曲輪間の移動は西側にある帯曲輪の南端部分が有力でスロープがある。

主郭背後の尾根は切岸直下からやや離れた所に大きな堀切があるが、その間にも小さな凹凸があり、西側に竪堀状に伸びる地形もあることから多重堀切であったと思われる。ここからさらに気延山方面に進んだ所に堀切1がある。

北側は曲輪VIIIの切岸下方に放射線状になった畝状竪堀群4が確認できる。ほとんど傾斜のない部分で竪堀の先端は畑の造成によって削られているようである。徳島県下で畝状竪堀群が確認されている城郭は少なく、ここと木津城のみである。

帯曲輪群の最下段IXは削平されているものの切岸がほとんど確認できないが東端には竪堀3がある。

案 内

東麓の道路に登山口があり入口に標柱がある。駐車場は国分尼寺跡が利用できる。

最寄り駅(直線距離)
1.7km 石井駅
2.0km 府中駅
3.8km 下浦駅
4.2km 鮎喰駅
5.3km 蔵本駅
主な参考文献
三好一族と阿波の城館(戎光祥出版)
徳島県の中世城館
日本城郭大系〈第15巻〉香川・徳島・高知(新人物往来社)
所在地/地図
徳島県名西郡石井町石井
GPSトラックデータダウンロード :[KML形式 ][GPX形式 ]
付近の城(直線距離)
0.6km 阿波 徳里城
0.9km 阿波 観音寺城
0.9km 阿波 気延山城
1.0km 阿波 市楽城
1.2km 阿波 矢野城
1.5km 阿波 桜間城
1.6km 阿波 加茂野城
1.8km 阿波 府中城
1.9km 阿波 日開城
1.9km 阿波 高川原城
2.4km 阿波 早渕城
2.5km 阿波 井戸城
2.5km 阿波 重松城
2.6km 阿波 和田城
2.7km 阿波 城ノ内城
2.7km 阿波 芝原西城
2.7km 阿波 芝原城
3.1km 阿波 高畑城
3.2km 阿波 高輪城
3.4km 阿波 花園城
3.5km 阿波 中島城(石井町)
3.6km 阿波 名東城
3.7km 阿波 轟城(石井町)
3.8km 阿波 片山の塁
最終訪問日
2024年6月
TOP > > (阿波国/徳島県) > 鳥坂城