但馬 出石城たじま いずしじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (但馬国/兵庫県) > 出石城
Tweet
但馬 出石城の写真
掲載写真数
形態
平山城(56m/40m)
別 名
なし
文化財指定
市指定史跡
遺 構
石垣,郭,堀,井戸
城 主
小出吉英,小出吉重,小出英安,小出英益,小出英長,小出英及, (藤井)松平忠周, 仙石政明,仙石政房,仙石政辰,仙石久行,仙石久道,仙石政美,仙石久利,仙石政固
歴 史

慶長9年(1604年)小出吉英によって築かれた。 小出氏は吉英の父秀政が豊臣秀吉と姻戚関係にあったため大名に取り立てられた。

関ヶ原合戦で吉英は西軍に組し丹後国田辺城を攻めたが、父秀政と弟秀家が東軍に属して活躍したため不問にされた。 慶長9年(1604年)和泉国岸和田城主の小出秀政が亡くなると、吉政を岸和田城へ移し、出石は吉政の子吉英が継いだ。 その後吉英は一時岸和田城へ移り、吉親が出石を領したが、元和5年(1619年)吉親は丹波国園部に移り、再び吉英が出石を領した。

吉英は有子山城の山麓に新たに出石城を築城し以後9代続いたが嫡子なく改易となり、元禄10年(1697年)武蔵国岩槻から四万八千石で(藤井)松平忠周が入封する。

宝永3年(1706年)(藤井)松平氏は信濃国上田へ転封となり、代わって信濃国上田から仙石政明が五万八千石で入封した。 仙石氏は後に仙石騒動によって三万石に減封されたが明治まで続いた。

説 明

出石城は有子山城の北麓に築かれている。出石城には天守はなく、櫓が四基上げられていた。そのうち本丸西隅櫓と東隅櫓が現在復興されている。

出石城の最上段は稲荷曲輪で、そこから雛壇状に本丸、二ノ丸、下の曲輪と続き、麓に三ノ丸があった。本丸の東側には山里曲輪があり、西下には西曲輪がある。三ノ丸北の大手門には水堀が現存し、現在辰鼓楼(辰鼓櫓)がる。辰鼓楼は出石の街並みを象徴する建築物であるが、これは明治初期に作られた時計台で城の遺構ではない。

登城門の写真

登城門(復興 城門)

平成6年に復興した
本丸西隅櫓の写真

本丸西隅櫓(復興 櫓)


所在地: 本丸西隅
二重櫓
昭和43年(1966年)復興した

本丸東隅櫓の写真

本丸東隅櫓(復興 櫓)


所在地: 本丸東隅
二重櫓
昭和43年(1966年)復興した

案 内

三ノ丸に有料駐車場があり、観光パンフレットがもらえる。

最寄り駅(直線距離)
7.8km 国府駅
9.0km 江原駅
9.8km 八鹿駅
所在地/地図
兵庫県豊岡市出石町内町
付近の城(直線距離)
0.8km 但馬 有子山城
1.4km 但馬 中村城
1.9km 但馬 鯵山城
2.2km 但馬 上野城
2.6km 但馬 鳥居城
3.0km 但馬 此隅山城
3.0km 但馬 細見城
3.0km 但馬 細見丸山城
3.1km 但馬 荒木城
3.1km 但馬 桐野城(西城)
3.4km 但馬 桐野城(東城)
3.4km 但馬 袴狭城
3.7km 但馬 袴狭新宮城
3.7km 但馬 大谷城
4.4km 但馬 福居城
4.4km 但馬 中郷城
4.5km 但馬 安良城
5.1km 但馬 万灯山城
5.1km 但馬 倉見陣屋
5.6km 但馬 上鉢山城
5.7km 但馬 矢根城
5.8km 但馬 引野城
5.8km 但馬 千眼寺城
6.0km 但馬 中郷朝日城
最終訪問日
2018年4月
TOP > > (但馬国/兵庫県) > 出石城