常陸 大宝城ひたち だいほうじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (常陸国/茨城県) > 大宝城
Tweet
常陸 大宝城の写真
掲載写真数
形態
平城
別 名
なし
文化財指定
国指定史跡
遺 構
土塁,堀
城 主
下妻氏
歴 史

貞永元年(1232年)下妻長政によって築かれた。 南北朝時代の城主は下妻政泰で、北畠親房に呼応して南朝方として挙兵する。

暦応4年・興国2年(1341年)北畠親房は小田城から関城へ移り、春日中将顕国は興良親王を奉じて大宝城に入城する。 これにより、足利尊氏が派遣した高師冬の攻撃にさらされ、康永元年・興国3年(1342年)には、関城と大宝城との連絡が断たれた。 康永2年・興国4年(1343年)高師冬は軍を二手にわけて関城と大宝城を攻め、同じ日に落とした。

説 明

大宝城は南朝方の関東六城(常陸国関城常陸国真壁城・常陸国大宝城・常陸国伊佐城・常陸国中郡城・下野国西明寺城)の一つに数えられる。

大宝八幡宮一帯が城址で、八幡宮の北側には土塁と空堀が残り、南側の参道にある鳥居付近に高土塁が残されている。

関城付近からこの大宝城一帯までが国指定史跡として指定されている。

案 内
最寄り駅(直線距離)
0.2km 大宝駅
2.1km 騰波ノ江駅
2.5km 下妻駅
4.8km 黒子駅
5.6km 宗道駅
所在地/地図
茨城県下妻市大宝(大宝八幡宮)
付近の城(直線距離)
2.3km 常陸 下妻城
2.4km 常陸 関城
4.9km 常陸 駒館
6.6km 下総 太田城
6.6km 下総 和歌城
7.0km 常陸 栗崎城
7.3km 常陸 大坪館
7.3km 常陸 村田館
7.7km 常陸 館宿城
7.8km 常陸 四保城
7.9km 常陸 笠根城
7.9km 常陸 大祥寺城
7.9km 常陸 海老ヶ島城
9.4km 常陸 水守城
9.5km 下総 山川館
最終訪問日
2008年5月
TOP > > (常陸国/茨城県) > 大宝城