下総 飯笹陣屋しもうさ いいざさじんや

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (下総国/千葉県) > 飯笹陣屋
Tweet
下総 飯笹陣屋の写真
掲載写真数
形態
陣屋
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
土塁,郭
城 主
飯笹松平氏
歴 史

天保13年(1842年)(久松)松平康盛によって築かれた。康盛は六千石の旗本であったが、参勤交代を行う交代寄合の格式であった。

松平康盛の家系は(久松)松平康元を祖とする。なお近くの多古藩主の久松松平氏は康元の弟勝俊を祖とする。 康元の家系は関宿藩から美濃国大垣藩信濃国小諸藩と移ったが松平憲良(忠憲)の時に嗣子なく改易となった。しかし翌年、弟の松平康尚が伊勢国長島で家督を継ぐことを許され大名に復帰したが、松平忠充の時に乱心により再び改易となってしまった。 ここでも家康の異父兄弟にあたる家系が幸いし、四男康顕に五千石、五男尚慶に一千石が与えられ旗本として存続、康顕が早世すると尚慶が養子に入って康郷と名乗り、兄の遺領を継いで六千石を領した。この康郷の後に康真が続き陣屋を築いた康盛へと続く。康盛のあとは初代京都見廻役を務めた松平康正が続いて明治に至る。

説 明

飯笹陣屋は多古橋川の東岸にある台地の西端に築かれていた。 現在辺りは畑となっている。土塁が残っているということであるが、南側の民家に近い所にそれらしき土盛りと虎口のような凹みを確認することができるが、これが遺構かどうかわからない。

案 内
最寄り駅(直線距離)
4.8km 芝山千代田駅
5.9km 空港第2ビル(第2旅客ターミナル)駅
5.9km 東成田駅
6.0km 空港第2ビル(第2旅客ターミナル)駅
6.0km 成田空港(第1旅客ターミナル)駅
所在地/地図
千葉県香取郡多古町飯笹字高野
付近の城(直線距離)
2.5km 下総 土橋城
3.2km 下総 多古陣屋
3.7km 下総 分城
4.0km 下総 次浦城
4.5km 上総 飯櫃城
4.8km 下総 物見台城
4.8km 下総 南並木城
4.9km 下総 志摩城
4.9km 上総 岩山城
4.9km 下総 前林城
5.1km 下総 土やぐら城
5.3km 下総 南玉造城
5.3km 下総 大堀城
6.0km 上総 大台城
6.6km 下総 吉田陣屋
6.8km 下総 松崎城
6.9km 上総 山中城
7.0km 下総 荒北城
7.2km 下総 久方城
7.3km 上総 田向城
7.3km 下総 飯高城
7.5km 下総 寒風城
7.6km 下総 駒井野城
7.9km 下総 伊地山城
最終訪問日
2010年11月
TOP > > (下総国/千葉県) > 飯笹陣屋