伊勢 長島城いせ ながしまじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (伊勢国/三重県) > 長島城
Tweet
伊勢 長島城の写真
掲載写真数
形態
平城
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
石垣,堀
城 主
伊藤氏,一向衆,滝川一益,天野景俊,原胤房,福島正頼,菅沼氏,(久松)松平氏,増山氏
歴 史

寛元3年(1245年)藤原道家によって築かれたのが始まりとされる。 文明年間(1469年〜1487年)伊藤重晴が再び築城した。

元亀元年(1570年)一向宗願証寺の門徒が長島城を攻めて伊藤氏を滅ぼした。 更に一向宗は矢田城の滝川一益を追って、織田信長の弟興長を自刃される。

元亀2年(1571年)織田信長は大軍をもって長島城を攻めるが落とせず、退陣で殿を勤めた氏家卜全が討死した。 天正2年(1574年)三度目の長島城攻略によって落とすと、滝川一益を城主として北伊勢を領した。

天正11年(1583年)滝川一益は柴田勝家に味方して羽柴秀吉に敵対するが、勝家が秀吉によって滅ぼされると一益もまた攻められ、所領を没収された。その後は、天野景俊、原胤房、福島正頼が城主となる。

・慶長6年(1601年)福島正頼は大和国宇陀に転封。
・慶長6年(1601年)上野国阿保より菅沼定仍が二万石で入封、元和7年(1621年)定芳の時、近江国膳所に転封。
・慶安2年(1649年)下野国那須より(久松)松平康尚が一万石で入封、元禄15年(1702年)忠充の時、除封。
・元禄15年(1702年)常陸国下館より増山正弥が入封、以後明治に至る。

大手門の写真

大手門(移築 城門)


所在地: 蓮生寺

案 内
最寄り駅(直線距離)
0.5km 近鉄長島駅
0.6km 長島駅
2.7km 播磨駅
3.1km 桑名駅
3.1km 桑名駅
所在地/地図
三重県桑名市長島町西外面
付近の城(直線距離)
0.7km 伊勢 願証寺
2.8km 伊勢 尾野山城
2.9km 伊勢 白山ヶ鼻城
3.0km 伊勢 中江城
3.1km 伊勢 桑名城
3.2km 伊勢 屋畑城
3.9km 伊勢 愛宕山城
4.0km 伊勢 矢田城
4.0km 伊勢 西方城
5.8km 伊勢 金井城
6.0km 伊勢 桑部城
6.6km 伊勢 小山城
7.4km 伊勢 柿城
7.6km 伊勢 猪飼城
7.8km 伊勢 柚井城
8.1km 伊勢 埋縄城
8.7km 伊勢 山田城
9.0km 伊勢 伊坂城
9.3km 伊勢 蒔田城
9.8km 美濃 松山城
最終訪問日
2008年5月
TOP > > (伊勢国/三重県) > 長島城