伊予 新谷陣屋いよ にいやじんや

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (伊予国/愛媛県) > 新谷陣屋
Tweet
伊予 新谷陣屋の写真
掲載写真数
形態
陣屋
別 名
なし
文化財指定
市指定史跡
遺 構
麟鳳閣
城 主
加藤直泰,加藤泰觚,加藤泰貫,加藤泰広,加藤泰宦,加藤泰賢,加藤泰儔,加藤泰理,加藤泰令
歴 史

寛永18年(1641年)加藤直泰によって築かれた。

新谷藩初代加藤直泰は初代大洲藩主加藤貞泰の次男で、元和9年(1623年)貞泰が没したとき、大洲藩領六万石のうち一万石を次男直泰に分知することとなったが、兄である大洲藩二代泰興がこれを認めず、しばらくは紛争が続いたが、寛永16年(1639年)に和解が成立し喜多郡新谷の地に陣屋を構えた。

その後、新谷藩加藤氏は泰觚、泰貫、泰広、泰宦、泰賢、泰儔、泰理、泰令と九代続いて明治に至る。

説 明

新谷陣屋は現在の新谷小学校の地に築かれていた。 近年校舎が改築されたようで、上に時計台があるなど陣屋風の建物になっている。以前は金網の内側にあった陣屋の石碑も外側に出されて見やすくなっていた。

最大の見所が学校内に残された麟鳳閣で県の文化財となっている。この建物は慶応4年(1868年)の建築で藩の評議所や謁見所として利用された。

麟鳳閣の写真

麟鳳閣(現存 その他)


所在地: 新谷小学校
木造平屋建 入母屋造
慶応4年(1868年)
県指定有形文化財

案 内
最寄り駅(直線距離)
0.6km 新谷駅
1.4km 喜多山駅
2.6km 五郎駅
3.5km 五十崎駅
4.4km 春賀駅
所在地/地図
愛媛県大洲市新谷甲109(新谷小学校)
付近の城(直線距離)
1.1km 伊予 貞行城
2.4km 伊予 菅田城
2.8km 伊予 西の城
3.5km 伊予 東の城
3.9km 伊予 粟ヶ森城
4.1km 伊予 岡崎城
4.1km 伊予 龍王城
4.8km 伊予 是城
5.1km 伊予 龍王城
5.2km 伊予 祖母井城
5.9km 伊予 松の城
6.0km 伊予 小笹城
6.1km 伊予 曾根城
6.2km 伊予 大洲城
6.5km 伊予 高森城(大洲市田処)
7.0km 伊予 米津城
7.0km 伊予 花瀬城
7.2km 伊予 森山城
7.6km 伊予 向井城
7.8km 伊予 成能城
7.8km 伊予 鴇ヶ森城
8.4km 伊予 石堂城
8.7km 伊予 八黒城
9.1km 伊予 高森城(大洲市平野町)
最終訪問日
2013年12月
TOP > > (伊予国/愛媛県) > 新谷陣屋