近江 坂本城おうみ さかもとじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (近江国/滋賀県) > 坂本城
Tweet
近江 坂本城の写真
掲載写真数
形態
水城(86m/-)
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
石垣
城 主
明智光秀,丹羽長秀
歴 史

元亀2年(1571年)明智光秀によって築かれた。 元亀2年(1571年)織田信長は明智光秀に比叡山焼き打ちを命じ、その功によって近江国志賀郡五万石を与え坂本城の築城を命じた。 坂本城は琵琶湖に面した低地にあり、天主と小天守を備えた城郭であったと云われる。

天正10年(1582年)光秀は本能寺にて主君織田信長、二条御所では信長の嫡男織田信忠を急襲して自刃に追い込んだ。安土城を占拠して明智秀満に託し、光秀は天王山に羽柴秀吉と戦ったが敗れ、わずかな手勢を引き連れて坂本城へ戻る途中、山城国小栗栖にて落ち武者狩りの百姓に致命傷を受け、自刃して没した。 光秀の死を知った明智秀満は安土城から坂本城に移り、城に火を放ち坂本城は灰となった。

その後、坂本の地は丹羽長秀に与えられ天正11年(1583年)から坂本城の再建が行われたが、天正14年(1586年)に大津城の築城に際して坂本城は廃城となり、部材は大津城に移されたと云われる。

説 明

坂本城は早くより開墾され現在も大半が宅地となっており、遺構は琵琶湖の湖底に眠る本丸跡の石垣のみである。

坂本城は琵琶湖に面した本丸の西側に二の丸・三の丸を配した縄張りであったと考えられ、現在は都市公園湖岸緑地北大津地区が坂本城址公園となっており、ここに明智光秀の石像や坂本城の石碑が建てられている。また、多くの地図で坂本城跡とされている東南寺の入口にも坂本城の石碑と案内板が設置されている。

明智氏一族の墓は西教寺にあり、ここの山門は坂本城の城門を移築したものだと伝えられている。

大手門の写真

大手門(移築 城門)


所在地: 西教寺(滋賀県大津市坂本5)

案 内
最寄り駅(直線距離)
1.1km 松ノ馬場駅
1.3km 穴太駅
1.3km 比叡山坂本駅
1.4km 唐崎駅
1.5km 坂本駅
所在地/地図
滋賀県大津市下阪本3
付近の城(直線距離)
2.4km 近江 壺笠山城
2.4km 近江 青山城(大津市)
4.0km 近江 宇佐山城
4.7km 山城 一本杉西の城
5.3km 近江 大津城
5.3km 近江 山中城
5.5km 近江 源満仲館
5.9km 山城 一乗寺山城
6.2km 近江 山田城
6.3km 山城 修学院雲母坂城
6.6km 山城 北白川城IV
6.6km 近江 衣川城
6.8km 山城 北白川城III
6.9km 山城 北白川城II
6.9km 山城 北白川城V
6.9km 近江 高月城
6.9km 山城 八瀬城
7.0km 近江 堅田陣屋
7.0km 近江 芦浦観音寺館
7.0km 山城 北白川城VI
7.2km 近江 膳所城
7.2km 山城 北白川城I
7.4km 山城 北白川城VII
7.4km 山城 如意岳城
最終訪問日
2011年7月
TOP > > (近江国/滋賀県) > 坂本城