近江 大嶽城おうみ おおづくじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (近江国/滋賀県) > 大嶽城
Tweet
近江 大嶽城の写真
掲載写真数
形態
山城(496m/380m)
別 名
なし
文化財指定
国指定史跡
遺 構
石垣,土塁,郭,堀
城 主
不明
歴 史

築城年代は定かではない。大永3年(1523年)浅井亮政が小谷城を築いた初期の本丸があった所とも云われる。

元亀3年(1572年)には援軍に駆けつけた朝倉氏が布陣したが、天正元年(1572年)八月に織田軍によって攻め落とされ、形成を不利とみた朝倉義景は一乗谷を目指して退却を始めた。これを好機と見た織田信長は、小谷城の包囲を嫡男信忠に任せ、自ら先頭をきって朝倉軍の追撃を実行し、刀根坂の戦いで朝倉軍に壊滅的な打撃を与えた。織田軍によって朝倉氏の居城である一乗谷は焼き払われ、朝倉義景は大野まで逃れたが、一門である朝倉景鏡の裏切りにより自刃して果て、越前朝倉氏は滅亡した。

説 明

大嶽城は小谷城のある小谷山の山頂に築かれている。

主郭は山頂にあり、低いながらも分厚い土塁が周囲を巡っている。山頂からは東、南、西北西の三方に尾根が伸びている。東尾根は小谷城の本丸のある尾根で、こちら側は平段が所々あるが、ほとんど遺構らしい遺構はない。西北西の尾根は二重堀切によって遮断している。そして南尾根には同じく朝倉勢が布陣した福寿丸山崎丸があり、この大嶽城の大手もこの南尾根に向いている。

主郭の西から南下にやや緩やかな地形の段があり、その外側に土塁が巡っている。曲輪の内部には通路か堀状の窪地がある。さらに南下に二段方形に土塁が付いた曲輪があり、その西側から巨大な竪堀が一条、かなり下方へと伸びている。この竪堀は下では緩やかにカーブを描いている。さらに西へ回り込むとここにも一条大きな竪堀が落ちている。先の竪堀を降りていくと、竪堀の下にさらに一段の平段があり、その下に堀切が付いている。

案 内
最寄り駅(直線距離)
2.9km 河毛駅
3.3km 高月駅
4.8km 虎姫駅
6.5km 木ノ本駅
所在地/地図
滋賀県長浜市湖北町伊部
GPSトラックデータダウンロード :[KML形式 ][GPX形式 ]
付近の城(直線距離)
0.4km 近江 小谷城(月所丸)
0.7km 近江 小谷城(福寿丸)
0.8km 近江 小谷城
1.2km 近江 小谷城(山崎丸)
2.1km 近江 中島城
2.4km 近江 雲雀山砦
2.5km 近江 虎御前山城
2.5km 近江 山脇城
2.5km 近江 丁野山城
2.6km 近江 伊部館
3.1km 近江 小室城
3.1km 近江 尊勝寺城
3.7km 近江 雨森城
3.8km 近江 速水城
3.9km 近江 保延寺館
3.9km 近江 三川城
4.0km 近江 小山館
4.0km 近江 井口城
4.2km 近江 高田館
4.6km 近江 月ヶ瀬城
4.8km 近江 大寺城
5.0km 近江 南速水城
5.1km 近江 宮部城
5.2km 近江 田部山城
最終訪問日
2012年11月
TOP > > (近江国/滋賀県) > 大嶽城