越前 金山城えちぜん かなやまじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (越前国/福井県) > 金山城
Tweet
越前 金山城の写真
掲載写真数
形態
山城(180m/140m)
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
土塁,曲輪,堀切,横堀,竪堀,虎口
城 主
朝倉氏?
縄張図
金山城縄張図
歴 史

『疋田記』に朝倉義景に味方した一向宗の徳満坊が織田信長と戦った城とされている。

説 明

金山城は越前若狭国境となる関峠に近い、標高180.4mの山に築かれている。

南北に伸びた山頂部に土塁囲みの曲輪群があり、縄張から推測すると朝倉氏の境目の城と思われる。

主郭は曲輪Iで愛宕神社が祀られている。主郭は概ね2m弱の土塁が囲繞し、南に虎口1、北に虎口2を開いている。

南の虎口1は平入で曲輪IIと結ばれるが、北の虎口2は右折れで入る構造である。虎口2を出ると土塁のある小郭を経て竪堀10に木橋が架かり曲輪IIIと結ばれていたと推測できる。

南端の曲輪IIは主郭から続く土塁がそのまま囲繞し南東端に虎口3を開く。虎口3の外側には虎口受けの小郭があり、L字の低い土塁が残り、南側面に竪堀1がある。西側は崩落しているが土塁の付き方などから本来竪堀であったとも考えられる。

曲輪IIIは城内で最も広く高さはマチマチであるが土塁がほぼ囲繞している。虎口は明確ではないが、西の谷筋に開口する虎口4が本来の虎口ではないだろうか。曲輪IIIの外側には部分的に横掘8や横掘9が確認で、主郭側には連続竪堀6が土塁に沿って落ちている。

案 内

南麓にリサイクルセンターがあり、入口に立入禁止のガードがある。ここから東の山に入り尾根筋を登って行くと途中からはっきりとした堀底道が続き曲輪IIに至る。

車は丁字路南の路肩に駐車可能。

最寄り駅(直線距離)
1.1km 粟野駅
3.6km 東美浜駅
4.2km 西敦賀駅
5.3km 敦賀駅
6.3km 敦賀港駅
主な参考文献
越前中世城郭図面集III(桂書房 )
日本城郭大系〈第11巻〉京都・滋賀・福井(新人物往来社)
所在地/地図
福井県敦賀市金山
GPSトラックデータダウンロード :[KML形式 ][GPX形式 ]
付近の城(直線距離)
2.1km 若狭 駈倉山城
3.0km 若狭 狩倉山城
3.4km 若狭 中山の付城
4.0km 越前 花城山城
4.5km 若狭 岩出山砦
4.9km 越前 敦賀城
5.3km 若狭 国吉城
5.6km 若狭 国吉城居館
5.6km 若狭 佐柿陣屋
6.4km 越前 金ヶ崎城
6.6km 越前 天筒山城
7.0km 越前 鳥越城
7.5km 越前 御庵山城
7.6km 越前 疋檀城
7.7km 越前 敦賀陣屋
8.6km 越前 堂山砦
8.7km 若狭 土井山砦
最終訪問日
2022年4月
TOP > > (越前国/福井県) > 金山城