紀伊 鵜殿城きい うどのじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (紀伊国/三重県) > 鵜殿城
Tweet
紀伊 鵜殿城の写真
掲載写真数
形態
丘城(40m/40m)
別 名
なし
文化財指定
町指定史跡
遺 構
土塁,郭,堀
城 主
鵜殿氏
歴 史

築城年代は定かではない。

南北朝時代の城主は鵜殿氏で、鵜殿氏は高倉下命の後裔とされる。 鵜殿氏ははじめ南朝方であったが北朝方に転じ、永徳2年・弘和2年(1382年)には南朝方の北山郷の攻撃を受け落城した。熊野水軍の拠点の一つであったという。

説 明

鵜殿城は熊野川の河口、北岸にある独立丘陵の南東の尾根先に築かれている。

南へ張り出した尾根の先端頂部に築かれており、楕円形の曲輪に土塁が巡らされており、北と南の尾根に一条ずつ堀切を設けている。

また北西の山頂標高110m付近には飯盛口城があり、鵜殿城の詰城ではないかとされている。

案 内

国道42号線沿いにある矢渕中学校の東の尾根に城址がある。東麓の「紀宝町ふるさと歴史館」から遊歩道がある。

最寄り駅(直線距離)
1.1km 鵜殿駅
1.3km 新宮駅
3.5km 紀伊井田駅
5.2km 三輪崎駅
6.7km 紀伊佐野駅
所在地/地図
三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿矢渕
付近の城(直線距離)
0.5km 紀伊 飯盛口城
1.1km 紀伊 新宮城
1.6km 紀伊 矢倉城
1.8km 紀伊 新宮周防守屋敷
1.8km 紀伊 堀内氏屋敷
2.6km 紀伊 越路城
3.5km 紀伊 檜杖城
5.7km 紀伊 京城
7.7km 紀伊 殿和田森城
9.1km 紀伊 高田古城山城
最終訪問日
2009年11月
TOP > > (紀伊国/三重県) > 鵜殿城