尾張 稲葉地城おわり いなばじじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (尾張国/愛知県) > 稲葉地城
Tweet
尾張 稲葉地城の写真
掲載写真数
形態
平城
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
なし
城 主
津田氏
歴 史

築城年代は定かではないが織田信光(津田豊後守信光)によって築かれたと云われる。 織田信光は織田信長の父信秀の弟で、信長の叔父にあたる人物である。

天文24年(1555年)信光は清洲城主織田信友の重臣坂井大膳の誘いに乗じて清洲城へ入城し、信友を謀殺して清洲城を奪い坂井大膳を追放した。清洲城は信長に譲り、自身は那古屋城へ移った。しかし、半年後信光も坂井孫八郎によって暗殺されたと云われる。

信光没後は玄蕃允、與三郎(永禄3年桶狭間合戦討死)、小藤次(天正10年本能寺の変で討死)と続き廃城となった。

説 明

稲葉地城は現在の神明社の辺りに築かれていたという。神明社の鳥居脇に石碑が建つのみで遺構はない。

神明社の南西にある凌雲寺は城の南西に建立された寺院で、永正年間(1504年〜1521年)に信光によって建立されたもので、織田信長が幼少時に手習いをしたと伝えられる。

ここに信光の墓があり、「前豊州太守泰翁凌玄凌禅定門天文五年丙申十月廿八日」と刻まれている。信光の没年は天文24年(1555年)とされるのだが、この天文5年は何だろう。

案 内
最寄り駅(直線距離)
1.5km 中村公園駅
1.9km 岩塚駅
2.1km 中村日赤駅
2.6km 八田駅
2.7km 近鉄八田駅
所在地/地図
愛知県名古屋市中村区城屋敷町4(神明社)
付近の城(直線距離)
1.6km 尾張 清正屋敷
1.6km 尾張 長嘯子屋敷
1.6km 尾張 豊臣太閤屋敷
1.6km 尾張 小出屋敷
1.6km 尾張 秋田屋敷
1.7km 尾張 紺屋屋敷
1.7km 尾張 岩塚城
1.9km 尾張 吉田屋敷
2.1km 尾張 日比津城
2.3km 尾張 隠斉屋敷
2.4km 尾張 栗山城
2.6km 尾張 烏森城
2.7km 尾張 大秋城
3.4km 尾張 前田城
3.6km 尾張 祖父江屋敷
3.6km 尾張 助光城
3.7km 尾張 米野城
4.1km 尾張 戸田城
4.2km 尾張 荒子城
4.3km 尾張 榎津城
4.5km 尾張 押切城
4.7km 尾張 丹羽長秀屋敷
5.1km 尾張 小田井城
5.2km 尾張 清洲城
最終訪問日
2012年7月
TOP > > (尾張国/愛知県) > 稲葉地城