長門 萩城ながと はぎじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (長門国/山口県) > 萩城
Tweet
長門 萩城の写真
掲載写真数
形態
平山城(140m/140m)
別 名
指月城
文化財指定
国指定史跡
遺 構
石垣,土塁,郭,堀,井戸,土塀
城 主
毛利氏
歴 史

慶長9年(1604年)毛利輝元によって築かれた。 安芸国広島城を居城として豊臣政権で五大老を務めた毛利輝元は、慶長5年(1600年)関ヶ原合戦によって西軍の大将を務め、徳川家康に敗れた。輝元は防長二カ国へ減封となり、広島城を退去、城地の選定を行い、山口の高峰、防府の桑山、萩の指月山の三箇所を候補として幕府の許可を願い出て、指月山が選ばれた。

萩藩毛利を本家として、長門長府藩毛利秀元が六万石(のちに清末藩一万石が分藩)、周防下松藩(のち徳山藩)毛利就隆が三万石、周防岩国吉川広家六万石などの支藩があった。

文久3年(1863)萩から山口へ移り、翌年山口城を築いて本城とし、家臣の多くも萩から山口へ移っていった。

説 明

萩城は日本海に半島状に突き出した指月山の山麓に築かれている。

萩城の本丸は指月山の南山麓で内堀が巡っている。この一角に天守台があり、かつて五重の天守が聳えていたが、明治7年に払下げられ、天守や櫓などは全て解体破却された。 本丸背後にある指月山山頂には詰丸があり、土塀や石垣、無数の矢穴があいた岩などが残されている。本丸の外側には二の丸、三の丸があり、三の丸の東端にある総堀には北の総門が復元されている。

長らく毛利家の城下町として栄えた萩であったが、幕末に山口へ移っていったが為に、古い街並みが良く残されている。

隅矢倉の写真

隅矢倉(復元 櫓)


所在地: 萩博物館(山口県萩市堀内)

北の総門の写真

北の総門(復元 城門)


所在地: 山口県萩市堀内

案 内

大手入口に無料駐車場がある。

最寄り駅(直線距離)
1.4km 玉江駅
2.5km 東萩駅
3.1km 萩駅
4.3km 越ケ浜駅
5.4km 三見駅
所在地/地図
山口県萩市堀内
付近の城(直線距離)
1.1km 長門 女台場
2.3km 長門 面影山城
3.1km 長門 城ノ腰山城
5.8km 長門 横畠城
7.5km 長門 櫛山城
8.8km 長門 天長山城
9.3km 長門 鵜山の元寇防塁
9.7km 長門 東宗城
最終訪問日
2019年5月
TOP > > (長門国/山口県) > 萩城