備後 新庄城びんご しんじょうじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (備後国/広島県) > 新庄城
Tweet
備後 新庄城の写真
掲載写真数
形態
山城(571m/130m)
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
土塁,曲輪,堀切,畝状竪堀群
城 主
内藤氏,上村員貞
縄張図
新庄城縄張図
歴 史

正慶2年(元弘3年、1333年)内藤河内守実豊によって築かれたのが始まりとされる。

天文年間(1532年~1555年)に内藤氏が没落したのちは大内氏の家臣上村壱岐守員貞が城主となったという。

説 明

新庄城は東西に伸びた比高130mほどの尾根上に築かれている。

最高所にある主郭Iを中心にII、III、IV、Vの曲輪群があり、その周囲を高い切岸で覆っている。

東尾根は二重堀切1、西尾根は大堀切3で尾根から切り離し、北側面には切り立った高切岸の下方の緩斜面に畝状竪堀群2を設けている。一方南側面は比較的急坂ではあるものの堀切脇の竪堀を除けば目立った遺構は存在せず、こちらから山道がいくつか伸びている。

主郭Iの北下には曲輪IIIとIVを結ぶように武者走りが存在し、これは畝状竪堀群を上から攻撃するのにも有用である。畝状竪堀群の一部は人頭大の石を使っているところもあるが、茶臼城(三和町)程ではなく周囲には石が多く散乱している。

案 内

西の県道から分岐するところに案内板が設置されており、そこから道標がある。登口は西尾根の車道から作業林道を経由して尾根伝いに登るようになっている。

駐車場はないが近くに路駐可能。

主な参考文献
広島の中世城館を歩く(溪水社)
日本城郭大系〈第13巻〉広島・岡山(新人物往来社)
広島県中世城館遺跡総合調査報告書
ふるさと豊松の文化
所在地/地図
広島県神石郡神石高原町上豊松
GPSトラックデータダウンロード :[KML形式 ][GPX形式 ]
付近の城(直線距離)
0.8km 備後 土居屋敷(豊松村)
1.1km 備後 貞比山城
1.8km 備後 大野呂城
2.2km 備後 豊松山城
2.3km 備後 大床山城
2.4km 備後 土居城(豊松村)
2.9km 備後 別所城
3.8km 備後 権現山城
4.1km 備後 土居城
5.1km 備後 中山城(豊松村)
5.3km 備後 高松城
5.3km 備後 尾首城(豊松村)
5.8km 備後 玉泉寺城
6.7km 備中 金子山城
6.7km 備後 大矢城
7.0km 備中 中山城
7.0km 備後 追畑城
7.4km 備中 平川氏館
7.6km 備後 平松城
7.7km 備後 丸山城(三和町)
8.0km 備中 大原田城
8.5km 備後 九鬼城
8.7km 備中 北丸城
9.0km 備後 固屋城
最終訪問日
2022年7月
TOP > > (備後国/広島県) > 新庄城