備後 本亀城びんご ほんがめじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (備後国/広島県) > 本亀城
Tweet
備後 本亀城の写真
掲載写真数
形態
山城(355m/120m)
別 名
なし
文化財指定
市指定史跡
遺 構
土塁,郭,堀,石垣
城 主
岸本兵庫
縄張図
本亀城縄張図
歴 史

『芸藩通志』には「本亀山 西入君村にあり、同じ頃(文禄中)、岸本兵庫所守、」とある。

現地の案内板によれば、岸本兵庫は隣接する福山城主高尾(甲尾)越中、能山城主尾崎九兵衛とともに三吉家臣で北方への備えとして配置されたようである。

説 明

本亀城は神野瀬川に隣接した比高120mほどの山に築かれており、谷を挟んで南西の福山城と隣接する。

本亀城は堀切などで区画されていなが、北西から南東に伸びた尾根に大きく3つの曲輪で構成されている。

北端が主郭となり、南東から北東側に小さく段曲輪が続き、土塁がスロープとなって段を繋いでいる。

主郭の南東下に曲輪iiがある。南端に犬走りの通路があり、その北側に小さく段々となった曲輪が続き、こちらも北端側で行き来できる構造になっている。

東端部にあるのが曲輪iiiで南北三段の曲輪で最高所は西側に土塁を設けており、この曲輪も西端部分で行き来できる構造である。

大手は現在も山道として残っているつづら折れの道と思われ、それが虎口aに到達する。この虎口aから入ると空間ivがあり、曲輪iiとiiiの間に挟まれている。現状ではここからc、dと犬走りを登ることで主郭に達することができる。空間ivの上には左折れで入る虎口状地形bがある。これは曲輪iiとiiiが空間ivを経ず行き来できるための土橋的な構造であろうか。

主郭の北背後は多重堀切4で遮断しており、これは大きな二条の堀切の間に小さな堀切状地形、東尾根を遮断するような堀切もあって複雑な地形となっている。 主郭の西下には堀切3、畝状竪堀群2、東下には堀切5と谷間に集約するような畝状竪堀群6が存在する。

曲輪iiの南側面には畝状竪堀群1があり、ii.3の下はv字の堀切を多重に連ねたような構造となっている。

案 内

住宅の脇から谷間へ続く林道がある。この道を進むと途中谷下に分かれる道があるので、それを下ってすぐのところから山に続く道が付いている。

林道に入ってすぐのところに墓地があり、そのあたりに車を駐めることも可能であるが、どこかに駐めて歩いてくるのがよいだろう。

最寄り駅(直線距離)
8.6km 尾関山駅
9.3km 粟屋駅
所在地/地図
広島県三次市君田町西入君
GPSトラックデータダウンロード :[KML形式 ][GPX形式 ]
付近の城(直線距離)
0.5km 備後 福山城(君田町)
1.2km 備後 能山城
3.9km 備後 黒岩城
4.2km 備後 あいが城
4.3km 備後 道迫山城
5.1km 備後 山崎城
5.5km 備後 亀山城(三次市)
5.7km 備後 狐城(布野町)
5.9km 備後 三熊山城
5.9km 備後 茶臼山城(口和町)
6.0km 備後 姫ヶ嶽城
6.1km 備後 工ヶ原城
6.4km 備後 大城山城
6.4km 備後 御所陣山城
6.4km 備後 信安城
6.6km 備後 古屋敷城(口和町)
6.6km 備後 信木山城
7.0km 備後 貴船山城
7.3km 備後 竹山城
7.7km 備後 比熊山城
7.9km 備後 橋爪山城
7.9km 備後 久光城
8.0km 備後 迫城
8.2km 備後 福谷山城
最終訪問日
2020年4月
TOP > > (備後国/広島県) > 本亀城