伊予 岡本城いよ おかもとじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (伊予国/愛媛県) > 岡本城
Tweet
伊予 岡本城の写真
掲載写真数
形態
山城(225m/85m)
別 名
なし
文化財指定
なし/不明
遺 構
石垣,土塁,郭,堀
城 主
河野氏
歴 史

築城年代は定かではない。 戦国時代の城主は三間の中野殿と呼ばれた河野通賢で、高森城と岡本城の城主であった。

戦国時代には土佐一条兼定が度々侵攻し元亀元年(1570年)には人質を出して一条氏に降伏する。 しかし西園寺公広によって人質が奪還され、河野氏は以後西園寺十五将の一人として西園寺氏に従った。

天正7年(1579年)長宗我部氏は久武親信に佐竹太郎兵衛・山田外記をもって三間に侵攻、岡本城代河野兼通は長宗我部氏に気脈を通じていたため程なく落城、土佐勢は岡本城に入城した。 高森城に籠もっていた河野通賢は、大森城主土居清良とともに岡本城に押し寄せ、西園寺氏の援軍も加勢して取り戻した。

説 明

城は標高225mの山頂部にあり、西に続く尾根を堀切で断ち切っている。この尾根の先にある頂部も城域らしく、削平され土塁が残っていた。堀切のすぐ西側の曲輪が主郭で東隅には櫓台と土塁が残る。

「中世城郭事典」の縄張図では三重堀切となっているが、見た感じでは一条の堀切しか確認できなかった。その付近にある畝状竪堀群は確認できた。

主郭に進入するべく北側に回り込んで櫓台から主郭に進入した所、後ろで何やらイヤな音が聞こえ、振り返ると木の根っ子の辺りでスズメ蜂らしきものがウヨウヨ。急ぎ退散して事なきを得た。

案 内

城山の東の谷に民家が建ち並んでいるが、その一番奥の家(工場のような施設がある)の奥に鉄塔保守用の登山道がある。

最寄り駅(直線距離)
0.6km 二名駅
0.9km 大内駅
2.5km 伊予宮野下駅
3.1km 務田駅
3.4km 深田駅
所在地/地図
愛媛県宇和島市三間町土居垣内
付近の城(直線距離)
0.7km 伊予 中野殿河野氏館
1.4km 伊予 松峰城
1.4km 伊予 一ノ森城
1.5km 伊予 井関城
1.7km 伊予 大森城
2.1km 伊予 西ヶ峰城
2.3km 伊予 下城
2.5km 伊予 高森城(三間町)
2.6km 伊予 中城
2.8km 伊予 西城
3.2km 伊予 黒井地城
3.2km 伊予 上城
3.3km 伊予 中城
3.6km 伊予 金山城
3.9km 伊予 兜ヶ森城
4.1km 伊予 岩倉城
4.2km 伊予 萩森城
4.3km 伊予 泉が森城
4.6km 伊予 薄木城
4.9km 伊予 沢近城
5.2km 伊予 竹ヶ森城
5.5km 伊予 宇和島藩 近永代官所
5.5km 伊予 赤島城
5.9km 伊予 鳥屋ヶ森城
最終訪問日
2007年10月
TOP > > (伊予国/愛媛県) > 岡本城