日向 松山城ひゅうが まつやまじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (日向国/鹿児島県) > 松山城
Tweet
日向 松山城の写真
掲載写真数
形態
山城(159m/55m)
別 名
松尾城
文化財指定
市指定史跡
遺 構
郭,堀
城 主
平重頼,赤松氏,平山忠智,肝付氏,市来氏
歴 史

築城年代は定かではない。文治4年(1188年)平武蔵守知重の子、平隠岐守重頼が築いたとの伝承がある。

嘉吉の乱で将軍足利義政を謀殺した赤松満祐の子赤松教康が島津氏を頼って志布志へ逃れ、以後四代にわたって松山に住んだという。

永禄元年(1558年)飫肥城主島津豊後守忠親は平山越後守忠智を松山城主としたが、永禄2年(1559年)忠智は志布志へ赴く途中に肝付兼続に討死し松山城は肝付氏に奪われたが、天正5年(1577年)島津氏が取り戻し市来氏が地頭となった。

説 明

城は菱田川と松尾川が合流する地点の北東の山に築かれており、本丸・二の丸・五兵衛城・八幡城から成る群郭式の城郭である。

本丸と東にある二の丸の間に空堀が残る。 五兵衛城・八幡城がどこに位置するのかわからないが、鹿児島県埋蔵文化財情報データベースによれば、本丸の南にある松山神社とその南の丘陵をその領域としている。 松山神社とその南の丘陵頂部には東側面に対して土塁状の高まりがある。これが城郭遺構かどうかはわからない。

案 内

道の駅松山が目印でその南西に城山総合公園があり、その駐車場が利用できる。

所在地/地図
鹿児島県志布志市松山町新橋字松尾(城山総合公園)
付近の城(直線距離)
4.0km 大隅 広津田城
4.1km 大隅 月野城
4.4km 日向 泰野城
4.7km 大隅 松尾田城
5.0km 大隅 岩元城
5.2km 大隅 岡元城
5.2km 大隅 岩川麓
5.3km 大隅 馬場城
5.4km 大隅 虎丸城
5.5km 大隅 新城城
5.7km 大隅 岩北城
5.7km 大隅 土成城
5.8km 大隅 南郷城
6.2km 大隅 飯田城
6.5km 大隅 平松城(末吉町)
7.0km 大隅 伊屋松城
7.0km 日向 高牧城
7.2km 大隅 大谷城
7.3km 日向 尾野見城
7.7km 大隅 栫井城
8.9km 大隅 柳井谷城
9.4km 大隅 末吉城
9.7km 大隅 手取城
最終訪問日
2009年7月
TOP > > (日向国/鹿児島県) > 松山城