紀伊 竹原八郎館きい たけはらはちろうやかた

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (紀伊国/三重県) > 竹原八郎館
Tweet
紀伊 竹原八郎館の写真
掲載写真数
形態
居館
別 名
竹原八郎屋敷
文化財指定
市指定史跡
遺 構
土塁,堀
城 主
竹原八郎
歴 史

築城年代は定かではないが南北朝時代に竹原八郎によって築かれたと云われる。 竹原八郎は入鹿氏の一族で熊野落ちした護良親王を迎えて南朝方として活躍したという。

説 明

竹原八郎の館の伝承地はいくつかあるようだが、もっとも有力とされている地が花知神社に残る居館跡である。

北を除く三方に土塁を巡らせ、東と南に空堀があった。南側の空堀は近年埋められてしまったが東側は残っている。北は北山川に面して断崖となっている。ダム建設以前は北山川の水流がこの館の淵を流れていたという。

所在地/地図
三重県熊野市神川町花知字平坪(花知神社)
付近の城(直線距離)
8.0km 紀伊 赤木城
最終訪問日
2009年11月
TOP > > (紀伊国/三重県) > 竹原八郎館