下野 蓬山城しもつけ よもぎやまじょう

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (下野国/栃木県) > 蓬山城
Tweet
下野 蓬山城の写真
掲載写真数
形態
山城(390m/140m)
別 名
忍城
文化財指定
市指定史跡
遺 構
郭,堀
城 主
不明
歴 史

伝承では平安時代に藤原秀郷によって築かれたと云われ、戦国時代には佐野氏の支城の一つであったと考えられている。

説 明

蓬山城は大戸川と小戸川が合流する地点の北西に聳える標高390mほどの山に築かれている。かつて蓬山ログビレッジなどから登山道が整備されていたようであるが、現在は登山道は荒廃している。

主郭は山頂にあって石祠が祀られている。非常に手狭な細長い曲輪で東は堀切はなく、西側を小さな堀切で遮断している。主郭には石積が見られるが、あきらかに後世の石積である。

堀切の外側にはさらに南西側に段々と造成した曲輪群があり、その先にも小さな堀切がある。この辺りの削平が遺構なのか植林などにともなう造成なのかはっきりしない。

案 内

蓬山ログビレッジに駐車可能。かつての登山道入口は蕎麦屋の奥にあり道標は残っている。ここから谷間を進んで行くと道はなくなるので、南の尾根上までよじ登る。尾根上からはかつての登山道が残っている。

主な参考文献
田沼町史
日本城郭大系〈第4巻〉茨城・栃木・群馬(新人物往来社)
所在地/地図
栃木県佐野市作原町
GPSトラックデータダウンロード :[KML形式 ][GPX形式 ]
付近の城(直線距離)
7.2km 下野 駒戸山城
8.9km 下野 浅利城
9.2km 下野 粕尾城
最終訪問日
2020年11月
TOP > > (下野国/栃木県) > 蓬山城