大隅 原の台場おおすみ はらのだいば

城郭放浪記


△トップに戻る

TOP > > (大隅国/鹿児島県) > 原の台場
Tweet
大隅 原の台場の写真
掲載写真数
形態
台場
別 名
なし
文化財指定
町指定史跡
遺 構
石垣
城 主
不明
歴 史

嘉永6年(1853)以前に薩摩藩によって築かれ、文久3年(1863年)生麦事件によって急遽拡張されたと云われるが、薩英戦争では実際には使われなかった。

説 明

原台場は対岸に開聞岳を望む鹿児島湾の入口に位置しており、現在は台場公園として整備されている。

台場跡としては貴重な弓形状の石垣が残り、大砲二門を据え付ける凹が残る。公園内には島津斉彬が嘉永6年(1853)に巡察したときに使用したと伝える手洗鉢が残る。

所在地/地図
鹿児島県肝属郡南大隅町根占辺田(台場公園)
付近の城(直線距離)
3.5km 大隅 山田城
3.9km 大隅 水流城
4.3km 大隅 瀬脇城
4.9km 大隅 富田城
5.1km 大隅 野間城
6.6km 大隅 国見城
7.0km 大隅 鶴園城
7.8km 大隅 田代城
9.3km 大隅 諏訪城
最終訪問日
2012年4月
TOP > > (大隅国/鹿児島県) > 原の台場