こくぶんにじ

石見国分尼寺
城郭放浪記

関連情報
天気予報
石見国分尼寺の写真
史跡指定
県指定史跡
  説明  

天平13年(741年)聖武天皇が鎮護国家を願って、諸国に国分寺建立の詔を出し、建立されたのが国分寺である。 国分寺は僧寺と尼寺があり、正式名称は僧寺が「金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)」、尼寺は「法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)」である。 僧寺には二十名の僧、尼寺には十人の尼僧が住んでいた。 奈良の東大寺は僧寺の総本山として「総国分寺」と呼ばれ、同じく奈良の法華津寺が尼寺の総本山として「総国分尼寺」と呼ばれる。

石見国分尼寺は国分寺の東方300m程の所にあった。 ここには近年まで国分寺という名の曹洞宗のお寺が存在していたが、荒廃してしまって今は跡形も残っていない。この辺りには「比丘尼所」、「尼所」、「大門」の地名が残されており、国分尼寺があったことは確かなようであるが、本格的な発掘調査は行われておらず、伽藍の配置もわかっていない。ここに存在していた国分寺の礎石は、国分尼寺の礎石を割って活用したものだと伝えられている。

国分寺跡である金蔵寺前の道を東へ進んでいくと、国分尼寺の案内板と石碑が建っている。

石見石見国分尼寺の写真
国分尼寺の案内板と石見国分寺の石碑
石見石見国分尼寺の写真
石見国分尼寺の石碑
石見石見国分尼寺の写真
これがかつての国分寺の礎石だろうか

→全ての写真をみる
 所在地 
島根県浜田市国分町

関連史跡
0.3km 石見国分寺
1.9km 石見国府
2.0km 石見総社・伊甘神社
5.8km 石見三宮・大祭天石門彦神社
7.8km 石見二宮・多鳩神社
42.7km 石見一宮・物部神社

※距離はおおよその直線距離です。
海・川・山などの地形および交通手段は全く考慮していません。

最終訪問日
2010年7月



TOP/国分寺と国分尼寺

Copyright(C) 2003-2020,By PEI. All rights reserved.
写真などの無断転載を禁止します